欲しい物があれば我慢せず買うポリシーで失敗

 稼ぐお金より使うお金が多い場合、借金しなければ生活していけないです。この事実は誰にでもあてはまることで、私は20代の頃よくそうなっていました。その原因となったのは、使うお金をまったく気にかけていなかったからです。

 欲しい物があれば我慢せず買うポリシーだった私は、そのせいで使い過ぎてしまうことが多々ありました。それでも偶然稼ぐお金との帳尻が合えば良いのですが、そうならない月も結構ありました。特にバイトを辞めて無収入状態だったときは、自堕落な生活をしてお金がなくなる一方でした。キャッシングのATM手数料が利息を超えてしまう?


 そのときは親から借金して生活していたのですが、本当に申し訳なかったと悔やんでいます。ただそれからは計画的にお金を使っており、今では前ほど金遣いは荒くなくなりました。

マンションローンは無職になると大変

マンションローンを組む時は、当たり前ですが、無職になるとは思っていません。

したがって、無職になった際は、非常に困ります。

そういう経験をすると、借金に対する考え方が変わります。

そもそも借金は、返せる能力があるから、貸してくれるわけです。

ただ、このようにリストラや非正規社員が多い時代では、非常にリスクがあります。おまとめローン 申し込み


まさか自分が無職になるとは思っていませんでしたので、返済をどうしようか悩みました。数カ月分のローン返済に困るわけではないですが、長い期間だと返済に困ってしまいます。

自分の場合、最もリスクを侵さない方法で売却による残債整理を選びました。マンションもなくなりましたが、借金もなくなりました。

残ったものは、ヤレヤレという安心感だけです。

まるで自分のお金のようにATMから出てくるお金。

急な出費。

随分前にキャッシングカードを作っていたことを思い出しました。
土日でも即日キャッシング利用するコツとは 土日 即日 キャッシング

カードを作ったきっかけは、なんとなく興味があったからでした。別に使う予定もなかったし、カードを持っていたこともずっと忘れていたくらいです。それがまさか役に立つなんて思ってもみませんでした。何年も前のカードだし、使えるかどうか不安もありましたが、取りあえずやってみようとコンビニにむかいました。

コンビニのATMにカードを挿して、暗証番号を入力して。ここにきて安易にお金を借りていいのか少し怖くなりましたが、背に腹は変えられない状況です。震える指で画面を操作して、あまりに簡単に借り入れできたことがまた怖かったです。この手軽さが癖になったらまずいので、カードは持ち歩かないことにします。あとは、真面目に返して貯金もしようと心底思いました。

彼に貸したお金以上に価値のある思い出

以前に、1年程付きあっていた彼にお金を貸したことがありました。その日、彼がATMでお金を下ろすのを忘れてしまい、翌日が仕事で引き出す暇がなく困っていたので、私が持っていた1万円を貸してあげることにしたんです。その後暫くして、私はその彼に突然振られてしまい、もちろんその時貸したお金のことなど一切彼は忘れてしまい、返してもらえないまま、連絡も途絶えてしまっていたんです。

大好きな人だったので正直忘れられず、1年後、その人が働いている所に突然会いに行ってしまいました。又付きあう気などは無かったと言えば嘘になるかもしれませんが、その日をきっかけに、彼から連絡があるようになり、もう一度付きあうことになったんです。その彼と言うのが、実は今の旦那なのですが、その時の1万円のことは未だに話していません。
カードローン 変動金利

結婚してから、今ではお金には変えられない、いろいろなことや思い出を貰ったような気がするので、あの時貸した1万円のことは、このまま話さないでいようと思っています。

あっという間に300万円の貯金がなくなった経験

結婚を機に仕事を辞め、家庭に入ることにしました。独身時代に貯めた貯金が300万円程あったので、これで十分やっていけるだろうと思っていたのです。しかし、世の中そんなに甘くはありませんでした。

普段の生活費は旦那の給料で賄うことができます。しかし、友人の結婚の祝い金や出産祝いなど、特別な出費に関しては、私の貯金を切り崩して使っていました。また、化粧品や服といったものを購入するのも貯金から使っていました。つい、独身で仕事してお金に余裕があった時と同じような感覚で、節約せずに物を買い続けてしまいました。そんな生活を続けていたので、当然のようにあっという間に貯金がなくなりました。銀行カードローンは金利が低いってホント?


お金というのは、貯めるのはとても大変なのに、使い切ってしまうのはあっという間であるのを身をもって知ることになりました。よく「いつまでもあると思うな親と金」と言いますが、本当にその通りだと思いました。結局、貯金がなくなり、好きな物を自由に買えなくなってしまいました。そして、少しでもお金を稼ぐためにパートに出るようになりました。それと同時に、色々と節約するようにもなりました。

教習所に通うため、親から借金をした

思い返してみると、これまで何度か借金をしてきましたが、そのほとんどが、少額のモノばかりでした。

たとえば、自販機でジュースを買う際に、「ちょっと小銭が無いから貸して」的な、なんというか借金と呼ぶには、あまりにも軽いモノばかりだったように思います。が、少し前に、人生で初めて、かなり高額の借金をすることになりました。

相手は親で、目的は自動車教習所に通う事です。

というのも、この度、転職をする運びとなったのですが、希望する会社では車の免許が必須だったのです。で、どうしてもその会社で働きたかった私は、一念発起して教習所に通うことを決意したのであります。
転職直後にカードローンを借りるときのコツ 転職 ローン

が、いかんせん金欠気味の私。

とてもじゃありませんが、高額な教習所代を捻出することが出来ません。というわけで、親から借金をしたわけですが、無事に免許を取得することが出来、そして見事希望する会社にも採用してもらうことが出来ました。親には本当に感謝していますし、ボーナスが支給されれば、色を付けて返済したいと考えております。



お金に支配されず、お金を支配し自由になろう

「ローン」は本当に心を縛ると思う。

我が家には1年前まで住宅ローンがあった。

住宅ローンくらいなら一般的な借金だか、完済するまで何十年も身動き出来ない感じが、本当に心を重くした。

幸い持ち家マンションを手放す際、売却益が出る程には売れたのでローンから解放されたが、私の性格上ローンを組んでの家の購入は合わない。

住宅ローン程度なら皆組んでいることだし、全くそんなの気にならない人の方が多いかもしれないが、私はもし次に家を買うならコツコツ貯金したお金で、身の丈にあった物件をキャッシュで購入したい。
おまとめローンと総量規制の関係


そして年齢を重ねる毎に、毎月の固定費を見直したり、小さな出費でも何となくでは使わない等、お金の使い方を意識するようになった。

因みに若い頃はかなりの浪費家だった。

あんまりケチケチするのもイヤだか、チリも積もれば…でコツコツ貯金して、老後困らないように、そして必要な時にはちゃんとお金を使えるように資産を増やしていきたいと思う。

このページの先頭へ